サイトマップ

SEO対策を依頼する前に「検索キーワード」を知ろう。

SEO対策の基本知識

shutterstock_328594838

この記事ではYahoo!やGoogleで検索する「キーワード」についてお話ししたいと思います。

「○○で検索!」というフレーズをテレビCMやラジオでよく耳にしますよね。この○○の部分がSEO対策にとって最も重要な要素の一つとなります。どのようなキーワードで検索した時に、検索結果の上位にホームページを表示させたいかを決めたり、需要のあるキーワードを調査することで、SEO対策の効果を最大限に生かすことができます。

キーワードの選び方

パン屋さんのホームページを運営している場合、「パン屋 ○○(滋賀、京都、大阪などの地域)」などのキーワードで検索されることが多くなるでしょう。「パン屋 京都駅」と検索する方は、京都駅周辺でパン屋さんを探しているユーザーとなります。例えば「パン屋 京都駅」で検索順位の1位に表示された場合、ユーザーがホームページに訪問し、場所や電話番号を調べてお店に訪れてくれます。

キーワードリサーチ

ホームページを制作する前にキーワードを選定し、そのキーワードの内容でコンテンツを作る場合と、ホームページのコンテンツは決まっていてどのようなキーワードを当てはめていくかを後で決める場合があります。

店舗や企業のホームページ制作の場合は、後者の場合がほとんどだと思います。その場合はホームページの内容をまず決めて、検索されたいキーワードを探してから制作に入ります。

Googleキーワードアドバイスツール

キーワードを選定する時に、必ず使うべきツールがGoogleキーワードアドバイスツール『キーワードプランナー』です。

このツールは、キーワードが月間何回検索されているかを調べることができます。もちろんどのようなキーワードでも調べることができます。

このツールを使うことによって、需要があるかないかをリサーチできます。全く検索数のないキーワードなら、ライバルはいませんし、上位表示させやすいですが訪れるユーザーもほとんどいないという状況になります。

逆に検索数の多いキーワードは、ライバル店や、ライバル企業もSEO対策を行っていますので上位表示の難易度が上がります。

上位表示されるタイミング

検索して、1ページ目に表示されるタイミングはキーワードによって異なります。競争率が高く難易度が高いキーワードは1年以上かかる場合がありますし、そうでもないキーワードなら3ヶ月程度で1ページ目に表示される場合も有ります。

上位表示されるまでコツコツをSEO対策を行っていく必要があります。ですが、そのタイミングでSEO対策の効果があるかは正直言って答えがありません。

SEO対策とはGoogleの意向を読み取り、リサーチを行って傾向を予測し対策をこうじることなのです。ですが難しく考える必要はありません。現在の検索エンジンは不正行為を見極める力がどんどんと精密化しています。ユーザーに取って有益であるホームページだけを上位に表示させるシステムとなっています。

CONTOはSEO対策を始めた当初からコンテンツに重きを置いて制作してきました。だからこそ効果のあるSEO対策のメカニズムを理解し、効果を実証することができるのです。

SEOにお悩みの方は是非一度ご相談ください。

ページの先頭へ